電気の消費を減らして、かんたんエコライフ

携帯電話の節電方法について

携帯電話は日常なくてはならない物となりました。
電話帳を入れたり、インターネットを見たり、スマートフォンではアプリで様々な作業をするようになりました。
そのような携帯電話が電池切れを起こし使えなくなったらかなり不便です。
そうならないためにも節電は大切です。
節電の方法としていくつかあります。
一つ目に照明を必要以上に明るくしない事があります。
これだけでもバッテリーがかなり長持ちします。
次にWi-Fiに対応している場合はWi-Fi設定を通常は切断する事です。
切断しないとWi-Fiを探すためこれだけでバッテリーが消費してしまいます。
三つ目にスマートフォンでは必要ないアプリを完全に切断する事です。
ホームボタンをタップするだけではアプリは完全に切れてはいなく、裏で動いています。
その裏で動いているアプリも所定の方法で切断するとかなりバッテリーが長持ちするようになります。
以上の事を行えば必ず携帯電話の節電に繋がり、長持ちします。

無駄に電池を使っていませんか?携帯の節電を考えよう

フィーチャーフォンやスマホなどの携帯電話を使用していると、電池の減りが早いと感じている人もいるのではないでしょうか。
特にスマホの場合、フィーチャーフォンに比べて電池の減りが早いと感じている人もいるかもしれません。
電池の減りが早いのは、携帯電話を数年使ってきたとこによって、電池が寿命を迎えていることもあります。
ですが、単純に電池の寿命だけではなく、私たちの使い方に問題もあるのです。
例えばスマホを利用している場合、自分のアプリの使い方を考えてみてください。
使い終わったアプリをきちんと終了せずに、ホーム画面に戻って終わりにしていませんか。
ちゃんとアプリを終了しておかないと、それだけで消費電力が生まれます。
また使っていない機能をオフにすることも大切です。
ちょっと気を使うだけで、電池の減りの早さは異なります。
電池が長持ちすれば、節電にも繋がります。
充電の手間も省けて、節電にもつながるからこそ、どうすれば電池が長持ちするのか考えてみるのはどうでしょうか。

最終更新日:2016/8/24