電気の消費を減らして、かんたんエコライフ

温暖化を止め節電を考えた暑さ対策

最近は地球温暖化が目に見えるように進んでいて、従来はエアコンが必要ない地域でも設置する例が増えてきています。
しかし発電能力に問題がある日本にとっては十分は電力を確保できずに節電が叫ばれていることが多いです。
そのため昨今ではエアコンではなく、扇風機など従来から使用されているもので暑さ対策を考えている家庭も多いです。
扇風機の方が利用電力量が少なくで済みます。
最近では安全性を考慮して羽のないものも販売されています。
また窓を開けてすだれを使用して直射日光が部屋に入らないようにして風だけが通るように工夫しているところもあります。
また家自体に直射日光が当たらないように植物を這わせたりしている家もあり、各家庭が工夫して節電をしつつ暑さ対策を講じています。
エアコンの使用で二酸化炭素が増加しますます温暖化が進む循環を、国民および企業が協力して対応することが、今後の日本、ひいては世界の環境を安定させることになります。

節電と暑さ対策を両立させることについて。

節電は従来から推奨されているものですが、夏場は特に暑さ対策と両立していく必要があります。
夏場は、エアコンを使用する機会が多く、電気の使用量も増えますが、エアコンの設定温度を28度以上にしたり、窓にすだれを取り付けて直射日光を避けたり、植物を窓際で栽培して緑のカーテンを作ったりすればそれだけで節電につながります。
また、近年は服装も夏場でも涼しくなるような素材のものがたくさん販売されており、そのようなものを着用するのも有効です。
就寝時には、同じく涼しくなるようなシーツを利用したり、氷枕などを利用するのも暑さ対策になります。
さらに、夏場において一日のうちで最も電気の使用量が増えるのが暑さがピークになる正午過ぎで、その時間帯にエアコンの使用量を減らしたり、使わないようにするために公共の施設に出かけたりショッピングセンターに出かけたりするのもいい方法です。
節電と暑さ対策はちょっとの工夫や行動で両立させることができるのです。

2017/1/24 更新